【TECH21 NYC】SANSAMP BASS DRIVE DI-LB

エフェクター, 機材レビュー, 記事|

728x90-min

【テック21 NYC】サンズアンプ・ベース・ドライブ DI-LB

TECH21 NYC SANSAMP BASS DRIVE DI-LB

 

  • スペック
  • コントロール:レベル、ブレンド、トレブル、ベース、ドライブ、プレゼンス、OUTPUT 出力切替スイッチ、XLR 出力インピーダンス切替スイッチ、ファントム&グランド・コネクト・スイッチ
  • 入出力:インプット、アウトプット、パラレル・アウトプット、XLR アウト
  • 電源:9VDC
  • 外形寸法:93mm (幅)、120mm (奥行)、50mm (高さ)
  • 重量:360g

 

  • レビュー
1992年に TECH21 NYC (テック21 NYC) が発表されてから20年以上が経ち、広く普及した5弦ベースをはじめとする多弦ベースにも最適化された SANSAMP BASS DRIVE DI-LB (サンズアンプ・ベース・ドライブ DI-LB) が発表された。激しい歪みをかけてローB弦を弾いても音程感が損なわれる事が無く、音量バランスも取り易い点など、さすがと思わせてくれる完成度の高さを持っている。アクティブ/パッシブ、4/5弦モデルと使用するベースが変わっても、そのかかり具合はバランスが取り易く、SANSAMP (サンズアンプ) らしいエッジの効いた激しいドライブ・サウンドはもちろん、ナチュラルに歪んだサウンドまで幅広い設定が可能だ。コントロール類も、おなじみのアンプライクなパラメーターそのままで、多弦用だからと言って音色設定に悩まされる事も無い。多弦ベースの愛用者には心強いエフェクターだ。