【B.C.RICH】NT BEAST BASS

ベース, 機材レビュー, 記事|

728x90-min

【BCリッチ】NT ビースト・ベース

BC RICH NT BEAST BASS

 

  • スペック
  • ボディ素材:ナトー
  • ネック素材:ハード・メイプル
  • 指板素材:エボニー
  • フレット数:24フレット
  • スケール:34インチ
  • ピックアップ:オリジナル・べース・ハムバッカー ×2
  • コントロール:ボリューム、バランサー、トレブル、べース
  • ペグ:グローバー・ロトマチック・タイプ
  • ブリッジ:アジャスタブル・ストップ
  • カラー:グロス・ブラック
  • 付属品:ギグバッグ

 

  • レビュー
変型シェイプの代名詞的存在の B.C.RICH (BCリッチ)。NT BEAST BASS (NT ビースト・ベース) は、ダイナミックなフォルムとブラックでまとめられたルックスが印象的。イーグル、モッキンバードといったスルーネック仕様のアクティブ・モデルで有名な B.C.RICH (BCリッチ) だが、今回ボディに採用されたナトーはそうした名器のサウンドの特微ともいえるマホガニーのサウンドに傾向が近く、ガッツのある中域の旨みが感じられ、B.C.RICH (BCリッチ) らしいキャラクターと言える。またエボニー指板の採用はその黒さの迫力だけではなく立ち上がりの良さにもメリットが感じられた。ボディ背面には随所にコンター加工もされており、ルックスのインバクトだけでなくプレイアビリティにも配慮がなされている、サウンドにも注目したいベースだ。

 

【G&L】L-2000 GRAPHITE METALLIC / EBONY P.H.

ベース, 機材レビュー, 記事|

728x90-min

【G&L】L-2000 グラファイト・メタリック / エボニー P.H.

G&L L-2000 GRAPHITE METALLIC EBONY PH

 

  • スペック
  • ボディ素材:アルダー
  • ネック素材:ハードロック・メイプル
  • 指板素材:エボニー
  • フレット数:21フレット
  • スケール:34インチ
  • ピックアップ:オリジナル・マグネティック・フィールド・ハムバッキング ×2
  • コントロール:ボリューム、ハイ・カット、口一・カット、3ウェイ・ピックアップ・セレクター・スイッチ、シリーズ / パラレル / コイルタップ切り替えスイッチ、プリアンプ・コントロール・スイッチ
  • ペグ:カスタム G&L ウルトラライト・ウィズ・アルミニウム・テーパード・ストリングス・ポス卜
  • ブリッジ:オリジナル・サドル・ロック
  • カラー:グラファイト・メタリック
  • 付属品:ハード・ケース

 

  • レビュー
レオ・フェンダー直系のべースとしてすでに多くのべーシストに愛用されている G&L の代表機種 L-2000 に、メタリックな塗装、そしてエボニー指板が採用されたシックかつ高級感あるモデルが日本限定で追加された。今までの L-2000 のカラー・バリエーションとしてだけでなく、随所に新たな改良が施されている点も注目。ネックは若干ナロウな印象で握り心地も良い。またぺグのポスト部にアルミニウムを採用する事でへッド部が想像以上に軽量化されており、ボディとのバランスの良さに貢献している。サウンド面に関してもエボニー指板の影響からか、従来の音色に加えコシのある音色の印象も強くなったと言える。タップ・スイッチの使用によるサウンド・パリエーションの幅広さも魅力だ。

 

【FENDER】FSR AMERICAN VINTAGE ’75 JAZZ BASS

ベース, 機材レビュー, 記事|

728x90-min

【フェンダー】FSR アメリカン・ビンテージ’75ジャズ・ベース

FENDER FSR AMERICAN VINTAGE '75 JAZZ BASS

 

  • スペック
  • ボディ素材:アッシュ
  • ネック素材:メイプル
  • 指板素材:メイプル
  • フレット数:20フレット
  • スケール:34インチ
  • ピックアップ:アメリカン・ジャズ・べース・シングルコイル x2
  • コントロール:ボリューム x2、トーン
  • ペグ:ビンテージ 70s スタイル
  • ブリッジ:ビンテージ 70s スタイル
  • カラー:エイジド・ナチュラル
  • 付属品:ハード・ケース

 

  • レビュー
70年代ジャズ・べースの代名詞と言える75年製メイプル指板のナチュラル・カラー・ジャズ・べース。2012年に、惜しまれつつもアメリカン・ビンテージ・シリーズのレギュラー・ラインナップから姿を消したその復刻モデルが、FSRにて限定80本の再登場となった。アッシュボディ、3点止めティルト・ジョイント、Cシェイプ・ネック、ビンテージ・フレッ卜の他、エイジド加工された塗装、CBS ロゴ、ピックアップ・フェンスなど、75年当時のスペックを再現した完成度の高いモデルで、ジャズ・べース好きなら興味を惹かれる点も多いだろう。また、FSRモデルとして作りの良さや、ネックのコンディションなども素晴らしく、当時のレスポンスの良いパンチと座りの良いサウンドを充分堪能できる仕上がりだ。

 

【IBANEZ】SSR630

ベース, 機材レビュー, 記事|

728x90-min

【アイバニーズ】SSR630

IBANEZ SSR630

 

  • スペック
  • ボディ素材:アッシュ
  • ネック素材:メイプル / ローズウッド(5ピース)
  • 指板素材:ローズウッド
  • フレット数:24フレット
  • スケール:34インチ
  • ピックアップ:バルトリーニ MK1 ×2
  • プリアンプ:EQB-ⅢS
  • コントロール:ボリューム、バランサー、ミッド・フリーケンシー切り替えスイッチ(250Hz / 600Hz)、3バンドEQ
  • ペグ:オリジナル
  • ブリッジ:Accu-Cast B300
  • カラー:ブラック・フラット、ナチュラル・フラット、サファイヤ・ブルー、トランスペアレント・レッド、ウォルナット・フラット、トランスペアレント・ホワイト・フラット

 

  • レビュー
島村楽器と IBANEZ (アイバニーズ) のコラボレーション・モデル、SSR シリーズが進化を遂げ、カラー・バリエーションも豊富なモデルとして登場。SSR630 は IBANEZ (アイバニーズ) の人気シリーズ、SR のフォルムとキャラクターを基調にしたモデルであるが、様々な点で変化が加えられている。SR シリーズの特徴と言える、プレイアビリティに優れたアーチド・トップ加工が施されたボディ・フォルムと細身のネックはそのままに、ボディ材には現在 IBANEZ (アイバニーズ) ではラインナップされていないアッシュを採用。低域や高域にメリハリの利いたサウンドを放つ。24フレット仕様のネックは音色的にバランスの取れたメイプルと強度のあるローズウッドの5プライ構造で、上位モデルでも定評のあるディープ・ジョイントを採用している点にも注目したい。また弦振動のロスの少ない大型のブリッジにより、ネックの鳴りをボディに効率的に伝える工夫が施されているのもポイントだ。ピックアップはバルトリーニMKⅠを2基、プリアンプはオリジナルの EQB-Ⅲ をマウント。コントロールのミッド・フリーケンシー・スイッチ(250/600kHz)を含む3バンド EQ を使用する事で、幅広いサウンドメイクが可能となっている。コストパフォーマンスの高さはもちろんの事、SR シリーズのバランスの良い演奏性とトーンを、より深化させた事が実感出来るモデルと言える。

 

【REVEREND GUITARS】MESHELL NDEGEOCELLO FELLOWSHIP BASS

ベース, 機材レビュー, 記事|

728x90-min

【レベレンド・ギターズ】ミシェル・ンデゲオチェロ・フェローシップ・ベース

REVEREND GUITARS MESHELL NDEGEOCELLO FELLOWSHIP BASS

 

  • スペック
  • ボディ素材:コリーナ
  • ネック素材:コリーナ/ウォルナット(5ピース)
  • 指板素材:ローズウッド
  • フレット数:21フレット
  • スケール:34インチ
  • ピックアップ:オリジナル P-Blade
  • コントロール:ボリューム、トーン(スタック・ノブ)
  • ペグ:オリジナル
  • ブリッジ:オリジナル
  • カラー:サテン・ブラック

 

  • レビュー
アメリカのデトロイトに本拠地を置くメーカー REVEREND GUITARS (レベレンド・ギターズ) から Meshell Ndegeocello (ミシェル・ンデゲオチェロ) のシグネチャー・モデルが発表された。日本国内ではあまり知名度は高くないベース・ブランドではあるが、オリジナリティ溢れるベースやギターを発表し、海外の数多くのプレイヤーから支持されている。個性的なルックスが印象的なこのベースは Meshell Ndegeocello (ミシェル・ンデゲオチェロ) 本人が以前から使用している同社の Thunder Gun (サンダー・ガン) シリーズのボディ・シェイプを基調とし、1ピックアップ、1ボリューム、1トーンというシンプルなコントロール、そしてリバース・ヘッドを採用している。更に Meshell Ndegeocello (ミシェル・ンデゲオチェロ) のプレイスタイルとマッチする・サウンド・キャラクターを持っているのも興味深い。迫力のあるマットな黒のサテン・フィニッシュの下には、ベースでは比較的珍しい、粘りのあるサウンドが特徴のコリーナ・ボディを採用している。ネックはボディと同じくコリーナに加え、ウォルナットとの5層のラミネイト構造にする事でネックの強度を確保しつつ、独特な鳴りを実現。2本のバー・マグネットが印象的な P-BLADE ピックアップのサウンドと相まって、クリアかつ中域の押しの強さを持ちながらも、高域の切れの良いサウンドを聴かせてくれる。シンプルな構造を持つが故に、コリーナ材の特徴とともに、強い個性を実感出来るベースに仕上がっている。