728x90-min

【レベレンド・ギターズ】ミシェル・ンデゲオチェロ・フェローシップ・ベース

REVEREND GUITARS MESHELL NDEGEOCELLO FELLOWSHIP BASS

 

  • スペック
  • ボディ素材:コリーナ
  • ネック素材:コリーナ/ウォルナット(5ピース)
  • 指板素材:ローズウッド
  • フレット数:21フレット
  • スケール:34インチ
  • ピックアップ:オリジナル P-Blade
  • コントロール:ボリューム、トーン(スタック・ノブ)
  • ペグ:オリジナル
  • ブリッジ:オリジナル
  • カラー:サテン・ブラック

 

  • レビュー
アメリカのデトロイトに本拠地を置くメーカー REVEREND GUITARS (レベレンド・ギターズ) から Meshell Ndegeocello (ミシェル・ンデゲオチェロ) のシグネチャー・モデルが発表された。日本国内ではあまり知名度は高くないベース・ブランドではあるが、オリジナリティ溢れるベースやギターを発表し、海外の数多くのプレイヤーから支持されている。個性的なルックスが印象的なこのベースは Meshell Ndegeocello (ミシェル・ンデゲオチェロ) 本人が以前から使用している同社の Thunder Gun (サンダー・ガン) シリーズのボディ・シェイプを基調とし、1ピックアップ、1ボリューム、1トーンというシンプルなコントロール、そしてリバース・ヘッドを採用している。更に Meshell Ndegeocello (ミシェル・ンデゲオチェロ) のプレイスタイルとマッチする・サウンド・キャラクターを持っているのも興味深い。迫力のあるマットな黒のサテン・フィニッシュの下には、ベースでは比較的珍しい、粘りのあるサウンドが特徴のコリーナ・ボディを採用している。ネックはボディと同じくコリーナに加え、ウォルナットとの5層のラミネイト構造にする事でネックの強度を確保しつつ、独特な鳴りを実現。2本のバー・マグネットが印象的な P-BLADE ピックアップのサウンドと相まって、クリアかつ中域の押しの強さを持ちながらも、高域の切れの良いサウンドを聴かせてくれる。シンプルな構造を持つが故に、コリーナ材の特徴とともに、強い個性を実感出来るベースに仕上がっている。