【バッカス】ウッドライン 24 DX-4AC EWC CW

ブログ, ベース, 機材レビュー, 記事|

728x90-min

【BACCHUS】WOODLINE 24 DX-4AC EWC CW

BACCHUS WOODLINE 24

 

  • スペック
  • ボディ素材:クラロ・ウォルナット (トップ)、アッシュ (バック)
  • ネック素材:メイプル1ピース
  • 指板素材:エボニー
  • フレット数:24フレット
  • スケール:34 インチ
  • ピックアップ:DC-49
  • プリアンプ:アギュラー OBP-2
  • ペグ:ゴトー GB11WC
  • コントロール:ボリューム、バランサー、ベース、トレブル、ベース、アクティブ / パッシブ切り替えスイッチ
  • ブリッジ:ゴトー 404SJ-4
  •  

    • レビュー
    飛鳥ファクトリーがストックしている希少な材を使用した BUCCHUS (バッカス) の Exotic Wood Custom (エキゾチック・ウッド・カスタム) シリーズに、新しいモデルが仲間入りした。ハンドメイドによるフラッグシップ・モデル WOODLINE DX (ウッドライン・デラックス) を基盤に、21 フレットから 24 フレットに変更し、ネックに合わせてボディ・シェイプをリデザイン。深めに取られたカッタウェイなどがハイ・ポジションでの演奏性を向上させている。加えて、ピックアップも専用に開発されたハムバッキング2基を搭載。抜けの良さだけでなくボリューム感を持ちつつ、粘りのあるサステインを放つ。プリアンプにはアギュラー OBP-2 を採用し、楽器本来のキャラクターを崩す事のないトーン・セッティングも可能となっている。コントロール類は比較的シンプルながら、使い勝手の良い1ボリューム&1バランサーと2バンド・イコライザー。トーン回路はバイパス出来る為、パッシブでも使用可能で、バランスの良い鳴りが実感出来る。強度とレスポンスの良さを持つエボニー指板に加え、ボディ・バックは厳選された高品位なアッシュ (2ピース) を、トップには木目の美しさだけでなく中域~低域の鳴りの良さで知られるクラロ・ウォルナットを配し、ブラックとゴールドのパーツと相まって高級感のある仕上がりが堪能出来る。また5弦モデルの DC-5AC もラインナップされている。なお、DX-4AC は限定 12 本、DX5AC は限定8本のみの生産となっている。

     

【アイバニーズ】SRFF 806

ベース, 機材レビュー, 記事|

728x90-min

【IBANEZ】SRFF806

IBANEZ SRFF 806

 

  • スペック
  • ボディ素材:アッシュ
  • ネック素材:ジャトバ / ブビンガ
  • 指板素材:ローズウッド
  • フレット数:24フレット
  • スケール:35.5〜33.6 インチ
  • ピックアップ:バルトリーニ BH1 × 2
  • プリアンプ:オリジナル・カスタム・エレクトロニクス
  • ペグ:オリジナル
  • コントロール:ボリューム、バランサー、ベース、ミッド、トレブル (兼 EQ オフ時パッシブ・トーン)、EQ バイパス・スイッチ、3ウェイ・ミッド・フリーケンシー・セレクター (250 / 450 / 700 Hz)
  • ブリッジ:オリジナル Mono-rall Ⅵ
  •  

    • レビュー
    フレットとナット、ブリッジやピックアップなどに傾斜を付ける事で、格弦に最適なテンションと鳴り、そして弾き心地の良さをもたらすファンド・フレット。今回、そんな新技術を導入した6弦仕様の SR が IBANEZ (アイバニーズ) から発売された。独自の SR ファンド・フレット・システムを採用しており、6弦で 35.5 インチ (1弦は 33.6 インチ) のスケールながら弾き心地も良好。通常のベースと持ち替えても、低音弦の長いスケールに違和感を覚える事無く、バランスの良い弾き心地が実感出来る。更にファンド・フレットを導入しながらも、SR シリーズの特徴であるプレイアビリティや軽さはそのまま継承されている。多弦ベースというと必然的にボディやネックの質量が高くなり重量も大きくなるが、SRFF 806 の高い演奏性には驚かされる。SRFF 806 はアッシュ・ボディ、ジャトバとブビンガによる 5ピース・ネックを採用。加えて、ピックアップはバルトリーニ BH1 を2基マウントする。クリアかつ自然な弦鳴りを実現する各弦独立のモノレール・ブリッジを搭載。コントロールには3バンド・イコライザー、可変周波数ポイントを 250 / 450 / 700 Hz からセレクト出来るミッド・フリーケンシー・スイッチを備える。加えて、リーズナブルな価格帯を実現しているのも注目すべきだろう。幅広いレンジを網羅する多弦ベースにおいて、サウンド・メイクの幅広さや演奏性の高さ、そしてファンド・フレットの有効性が際立つベースと言えるだろう。

     

【GRECO】PXB-25TH

ベース, 機材レビュー, 記事|

728x90-min

【グレコ】PXB-25TH

GRECO PXB-25TH

 

  • スペック
  • ボディ素材:スポルテッド・メイプル (トップ)、アッシュ (バック)
  • ネック素材:メイプル (3ビース)
  • 指板素材:パーフェロー
  • フレット数:25フレット
  • ピックアップ:オリジナル Pro Duce P (フロント)、Pro Duce J (リア)
  • プリアンプ:オリジナル GEQ-N1M
  • コントロール:ボリューム、トーン、バランサー、プリセット EQ オンオフ・スイッチ
  • ペグ:オリジナル JB-150
  • ブリッジ:ゴトー 404BO
  • カラー:ナチュラル、ハニー・ロースト

 

  • レビュー
老舗国産ブランドの GRECO (グレコ) を代表するフェニックス・べースの、誕生から25周年を記念したモデルが発表された。30年以上前に製作されていたギターが改めて見直されるなど、GRECO (グレコ) の確かな楽器作りは日本が詩る技術力と言えるが、それは PXB-25TH も例外ではない。落ち着いたルックスを醸し出す丁寧な仕上げはもちろんの事、演奏性を向上させる改良が加えられた完成度の高いべースだ。まず実際に抱えた際に感じられるのは、軽さと全体のバランスの良さだ。アッシュ・バックにスポルテッド・メイプル・トップをあしらったボディは、比較的薄めに仕上げる事で軽量化し、細身のネックと相まって良好なボディ・バランスを実現。加えて印象的なのは、細めながら強度のあるネックのフィーリングだ。ネック内部に埋め込まれた KTS 製チタン・バーの効果は大きく、テーパーの抑えられたネックはロー・ポジションからハイ・ポジションに至るまで、その強度とフォルムにより弾き心地が良い。サウンド面においては、音程感のしっかりしたソリッドな響きが印象的で,各ポジションの音量感のバラつきが少なく、低音のボヤつきがないクリアな音色が特微。また指板に硬度が高い木材であるパーフェローを採用する事で、レスポンスの良さと適度なサステインを確保、プレイアビリティの高さにも貢献している。こだわり抜かれた細部を見るにつけ、改めて国内メーカーの技術力の高さを感じさせられる。

 

【SONIC】TJB-373C

ベース, 機材レビュー, 記事|

728x90-min

【ソニック】TJB-373C

SONIC TJB-373C

 

  • レビュー
SONIC (ソニック) が放つ新たなべースは、BUMP OF CHICKEN (バンプ・オブ・チキン) のチャマこと直井由文氏と共同開発した注目のパッシブ・モデル。ピックアップはオリジナルの Legend ’62 JB を2基搭載し、コントロールは2ボリュームのみという潔さが魅力だ。ブリッジは、サドルが乗るプレート (チタン製) を分離&独立させたセパレート・タイプを採用し、豊かなサステインを実現。木材はアルダーボディ、メイプル・ネック、ローズウッド指板とオーソドックスな仕様となる。

 

【LAKLAND】SL44-60 / R Hinatch

ベース, 機材レビュー, 記事|

728x90-min

【レイクランド】SL44-60 / R ヒナッチ

LAKLAND SL44-60 / R Hinatch

 

  • レビュー
LAKLAND (レイクランド) の SHORELINE SERIES (ショアライン・シリーズ) から待望の日向秀和氏のモデルが登場。Nothing’s Carved ln Stone (ナッシングス・カーブド・イン・ストーン) やストレイテナーほか、多彩なロック・バンドで活躍する日向秀和氏のシグネイチャー・モデルの SL44-60 / R Hinatch はLAKLAND (レイクランド) のSL44-60を基調にしたモデル。ボディはアルダー、ネックはメイプル (グラフアイト・バー入リ)、指板はローズウッド、ビックアップはLJ-4、コントロールはボーリュームとトーンがー体となった同軸2連タイプを採用している。日向秀和氏本人のサインがプリントされた、マッチング・へッド仕様なのもポイントだ。